2015年12月19日

【こだわりのバッ直】

年末もあと2週間足らずと焦りマックスですが、皆様いかがお過ごしですか?


さて、先日ご紹介していた



151219-001.jpg

雑誌が入荷しました。

雑誌というより付録がメインのようなもので、価格は3996円。


USBノイズフィルターがついています。ノイズフィルターとうたってはいますが、かなり効きます。

音数がぐっと増えますね。これを4000円足らずで変えるのはとてもお得ですね。

雑誌の方ももちろんハイレゾについてわかりやすく書いてありますのでハイレゾ入門としてもいいと思います。


数少ないですが在庫ありますのでぜひご来店ください。



今日は大分からお越しいただいた常連のルノー・ルーテシアのお客様に



151219-002.jpg


ダイアトーンサウンドナビ100プレミの取付。

60プレミからの買い替えです。

オーナー様自ら、60のときの調整データーを100に移し替えて試聴されましたが、随分変わったとのことでした。。


もちろん、100をつけて新規に調整をしなおしましたが、やはり60では出せなかった音が表現できるので音作りの幅が桁違いに広がりますね。

出音の良さもありますが、スペックが高い分、機材の力を引き出す能力も高いですね。

特に上げるならやはりS/N感。。

低域の量感も素晴らしい。。




そしてさらにこのヘッドユニットを活かすにはバッ直などの電源強化もおすすめします。。



151219-003.jpg



バッ直やリバンプなど、ヘッドユニットの電源強化をいろいろご紹介しています。


特におすすめはレグザットで引くバッ直パック。電源ケーブルのAT7709はすでにメーカーで販売終了になったものですが、当店では終了前に多めに在庫したのでもうしばらくこれで施工可能です。PCOCCにこだわったバッ直ですので興味がある方はぜひ。


さて、今日はこのへんで。
posted by ANG at 18:43| 福岡 ☀| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

【いよいよSW公開!】

151218-002.jpg


今日はいい天気です。。



151218-006.jpg

スターウォーズ日和。。


いよいよ今日の午後6時半から世界一斉に上映開始ですね。。


僕は今日はパスしますが、、近日必ず行きます。


今回はJ.J.エイブラムズが監督で、予告編は何十回もみましたが、カメラワークがやはり独特ですね。とても動きがあって引き込まれます。


来年公開予定のスタートレックは、11作目、12作目とJ.J.エイブラムズが監督していましたが次の新作は製作に回ってジャスティン・リンが監督をするようですね。


スターウォーズとスタートレック両方に絡むとはすごい人ですね。

とりあえず楽しみです。




さて、、


昨日は


151218-005.jpg


ハイエースにセキュリティーやオーディオを施工させていただきました。セキュリティーはVIPER5906V。もちろんエンジンスターター付き。



オーディオは99セットでダイアトーンのDS−G20。


151218-004.jpg


151218-003.jpg


Aピラーにツィーターを埋め込みです。


151218-001.jpg


66セット・99セットのページにオプションとして掲載していますが、これに憧れるという方は多いですね。


音ももちろんのこと、かっこいいと感じてる方が多いです。

後付感が少なく、しかも車の外から目立つのでカスタム感が強く、しかもやり過ぎない一体感。。


音としては反射物を抑えつつ、試聴ポイントに向けてのコントロールがDSPではなく取付で補正することができます。


価格的には4万円〜(税抜き)左右セット。



ツィーターを上につけると音像が上がると思っている方が多いかと思いますが、実際の人間の声はほとんどがドアのスピーカーからなっています。実際にドアだけでもダッシュの上辺りまで上げることはできます。指向性の強いツィーターを上につけることで反射物の影響を抑えつつ、音数を増やし臨場感を再生させます。ドアのスピーカーがしっかりとしたら、次はツィーターの取付にこだわってよりリアリティーのある音にしたいですね。


66・99セットを施工したあとは、ぜひツィーターの埋め込みでさらにグレードアップをご検討ください。。




さて、、今日はこのへんで。

posted by ANG at 16:40| 福岡 ☀| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

【お手軽低音増強しませんか?】

今日はほんとに冬らしい寒さが襲ってきました。。


朝からアラレが降り、近隣の山々は薄っすらと雪化粧。。


151217-004.jpg


昼間には晴れましたが気温は低いですね。7℃くらいらしいです。風があるので更に寒い。。


きっと北の方にお住まいの方たちからは鼻で笑われてることでしょうが、福岡は2,3cm雪が積もると交通機関が麻痺してしまうような土地柄ですから。。




さて、、昨日はアウターバッフルについてご紹介してましたが、


せっかくなんでもう少しこのシリーズを続けてみようと思います。


今日は


151217-006.jpg


パワードウーハー(チューンアップウーハー)のご紹介。



まずウーハーというだけで「ドコドコ」低音だけ鳴らすようなイメージがあって、ウーハーははじめからつけたくいないという方もご来店されますが、

音楽再生においてウーハーの役割はとても重要です。低域の厚みだけでなく、ボーカルやピアノの帯域にもものすごく影響を与えますし、クラシックなどにおけるホール感の再現もウーハーがとても重要です。


まずはウーハーは必要、その中でスペースや予算、もちろん重量も増えますのでいろんな要素を検討して最終的にシステムに入れるか入れないかを検討していただけるといいかなと思います。


当店にご来店いただければウーハーのデモもできますので、ウーハーの役割を体験してみたいという方はぜひご来店ください。

ちなみにウーハーは大きなものを使うとトランクに置くことになりますが、適切な施工では後ろからではなく前方からウーハーの低音を鳴らすことができるのでウッドベースなどの低音楽器はしっかりと前方でなってくれますのでご安心ください。



一般的なウーハーは10インチ(25cm)とか12インチ(30cm)などのウーハーを単品で購入し、別途アンプ、必要なケーブルなどを用意します。ウーハーのBOXは再生させたい音色にあわせて設計してつくります。

ウーハーは箱がとても重要で、建物でいうと基礎となる低域部分の質を決めることになります。

これがオーディオの面白いところでもありますが、これからオーディオを始めるという方にはまたまた悩みも増えるし予算も上がる・・・


そんな方にももう少し身近にカーオーディオを初めていただけるように作られているのがアンプ内蔵の”パワードウーハー”とか”チューンアップウーハー”と呼ばれるものです。

アンプとボックス、ウーハーまでがセットで販売されているので手軽です。

当店のホームページでも紹介しています。


151217-006.jpg




当店で通常展示しているものでは


151217-001.jpg


この辺りを置いています。どれも薄く平たいので、入る場合はシート下に取り付けます。



151217-005.jpg

薄いとはいえ若干の厚さの違いがありますし、厚さだけではなく幅が入らない・・・ということもありますのでご来店時に実際にお車に合わせてみることも可能です。


このタイプの薄いパワードウーハーを選ぶ時の注意点は、ボックス、にあたるボディー部分がアルミダキャストなどのガッチリとしたものであることです。樹脂系のものではボディーが共振してしまうため音のコントロールがきかなくなります。小さな箱で鳴らそうとしていますからそれなりの圧力がかかっていますので箱が押し負けないほうがいいですね。


また、パワードタイプでも


151217-003.jpg


こんな感じの大きめのBOXタイプがあります。このタイプは鳴り方も本格的です。商品によってはアンプが普通に市販のアンプを組み込んてあるものもあります。

箱にポートと呼ばれる穴が開いているタイプは、そのポートでチューニングされているので低域がより心地よく持ち上げてありますし、穴が開いていない密閉タイプは自然にローエンドまで伸びて再現力が高いです。



当店のホームページでは取り付けこみの手軽なパッケージを用意していますので、興味をお持ちになったらぜひご相談ください。


では。。
posted by ANG at 17:33| 福岡 ☀| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

【アウターバッフルにチャレンジしてみませんか?】

12月も残すところあと半分を切りました。。


「最近は年内まだできますか?」

というお問い合わせが多くなっています。

内容によりますが、年内の施工をできるだけお引き受けできるように現在の作業も急ピッチで進めていますのでいまご検討中の方はぜひお早めにご相談ください。


とくに例年セキュリティーは年末のご依頼が多くなります。安心して新年を迎えるためにもぜひご相談ください。


WEB限定のキャンペーンもやってますよ。ぜひホームページにてご確認ください。



さて、

一般のお店では施工がちょっと難しいだろうな・・・という「アウターバッフル」


当店では日頃から結構な頻度で施工しています。


ドアスピーカーを取り付ける際にドアパネルの中に収めるのではなく、表のパネルを加工してスピーカーを直接出すことを言います。


151216-002.jpg

こんな感じですね。これはオデッセイです。



これもフタを製作してしまえば



151216-001ode.jpg

スピーカーを蹴らないようにガードもできます。


アウターのメリットを上げるとすると、、


・音の良さ(ドア内部での音溜まりが改善されるのでヌケが良く帯域バランスが整えやすくなります)
・見た目のかっこよさ
・スピーカー裏に直接雨などがかかりにくくなるため長持ちしやすくなる

この辺りが一番大きなメリットでしょうか。。


アウターにはしたくないとい方ももちろんご相談いただいていますが、その場合は当店ではインナーバッフルにもいくつかのパターンを用意していますのでオーナーさんのこだわりに合わせた提案をさせていただいています。



カーオーディオの楽しみ方として、アウターバッフルのように車に合わせたワンオフ加工、、という自分の車にあわせた取付が魅力でもあり、それを頼もうとするとそれなりの経験値やスキル、そして工具などが必要になってきますのでどこのお店でも・・・というわけにはいかなくなります。


151216-009.jpg



当店ホームページのアウターバッフルのパッケージはVer.1で2日、Ver.2で3日の作業時間を要します。

もちろんアウターバッフルはインナーバッフルをしっかりと作り上げてからの施工となりますので表のパネル以外の見えない部分にたくさんの拘りが詰まっています。この辺が雑誌などを見様見真似で作ってもいい音にならない秘密です。



151216-003leacy.jpg

これはレガシーにVer.1の施工。



151216-008.jpg

こちらはエスカレードにVer.2の施工で、グリルをオプションで施工しました。





さらに、、パッケージにはこだわらず、音やデザイン性にこだわった施工をご相談いただければいろいろなカスタムが可能です。



151216-007.jpg

これはCX-5



151216-004move.jpg

ムーヴ



151216-006.jpg


プリウスα



151216-005.jpg

プリウス


施工例はまだまだ豊富にありますので、あなたのお車も世界で一台のカスタムをしてみませんか?


音・イメージ・こだわり、ご要望を最大限考慮して施工しますのでぜひご相談ください。
posted by ANG at 18:43| 福岡 ☁| インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

【残り半分】

振り返ってみると今日はあっというまでした。


早かった。

平日の割に、ものすごくバタバタしてて、

納車もありましたし、メーカーさんも年末の挨拶を含めご来店されて、お客さんもこられて、

今日やるつもりだったことは持ち越しです、、これから残ってやる気力もなし・・・


12月残り半分、ペースを上げて頑張ります。。



151214-001.jpg

山口からお越しいただいたエクストレイルのお客様、、



151214-006.jpg


ロックフォードのアンプを追加していただきました。


以前、ウーハーとともにパンチのアンプを、今回はフロント用にPOWERのアンプ。。


カロッツェリアのTS−V172Aをタイトでハリのある音に変身させました。

またのご来店お待ちしています。ありがとうございます。



それから、、


151214-002.jpg

新車のプラドに


151214-004.jpg

サイバーナビと、、



151214-005.jpg

99セットでカロッツェリアのTS−Z172PRS。


今回も


151214-003.jpg

純正のステアリングリモコンスイッチを追加させていただきました。


プラドのオーディオレス仕様でステリモがなくても後で追加可能な場合がありますのでぜひご相談ください。


今回は納車の時に機器トラブルでオーナー様にご迷惑をお掛けしてしまいました。。


すいませんでした。。

今後とも宜しくお願い致します。




さて、、今日はこんなところで。


では。
posted by ANG at 19:56| 福岡 ☀| よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

【ディナとモスコニを堪能!】

今日は試聴会でした。


生憎の雨でしたが、、ディナウディオとモスコニのデモカーを試聴しに来ていただきありがとうございました。



151213-001.jpg

151213-003.jpg

151213-002.jpg


いろいろな音源を聴かせていただきましたが、どれも素晴らしかったですね。

2WAYとは思えない立体感と音数。


また機材を活かすためのいろんなテクニックも垣間見え、とても勉強になりました。。




夕方は常連のお客さんたちも集まってきて



151213-004.jpg


店内ではメーカーさんを交えての雑談会と楽しい一日になりました。。


本日ご来店いただいた皆様、また今回ご協力いただいた佐藤商事さま、ありがとうございました。




さて、、今日はこのへんで。

posted by ANG at 18:56| 福岡 ☁| よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

【エスカレードのテレビキャンセル&リア出力など・・・】

151203.jpg


さあいよいよ明日となりました。

ディナウディオとモスコニ搭載のデモカー試聴会。


夕方5時位までとなります。

ヘッドユニットはダイアトーンサウンドナビですのでCDやUSBをお持ちいただいての試聴も可能です。

ぜひご来店ください。お待ちしています。


その際には、、


151212-003.jpg

エナジーオリジナルカレンダーもぜひお持ち帰りください。

残りが少なくなってまいりました。なくなり次第終了となります。




さて、


ピットでは


151212-002.jpg


洗練されたクールさが魅力の新しいエスカレードがピットに。


151212-001.jpg


メーカーオプションのナビ画面に、国内でパナソニックナビなどを取り付けて販売されているようですが、なかなかに操作しづらいですね。

もちろん走行中には地デジは見られませんし、リアのモニターには地デジは移りません。


オーナー様より地デジを見れるようにして欲しいとのご相談で、いろいろ調べて施工させていただきました。


フリップダウンにも無事地デジが出力でき、走行中も地デジ試聴が可能になりました。


今回はDVDのご要望はありませんでしたが、キャンセラーを使えば走行中DVDも試聴できます。


場合によっては調べてもできないこともありますが、前向きにトライいたしますのでぜひお気軽にご相談ください。



では、今日はこのへんで。
posted by ANG at 18:52| 福岡 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

【作業しながらの撮影・・・】

151211-001.jpg


今日は芸文社さんのハンドメイドマガジンの取材でした。


151211-002.jpg


実際に作業をしながらの撮影でしたので、敏腕インストーラーといえども多少緊張したかもしれませんね。


明日はお客様の車の撮影がありますので天気が回復してくれればいいな・・・とおもいます。今日は1日あめでしたので。



それから今日は


151209-004.jpg


ロードスターを納車させていただきました。


スピーカーはカロッツェリアのTS−C1620AU。インナーバッフルを作ろうにもスピーカーが収まる部分にスペースが少ないので、木でバッフルを作ると強度が低くなってしまうのでより薄くても強度があり内部損失が高い、そんな部材でインナーを製作しました。ちなみにアクリルではないです。


ツィーターは


151211-003.jpg

Aピラーに埋め込みをさせていただきました。



151211-004.jpg


ヘッドユニットは同じくカロッツェリアのDEH−970。


これでフロント2WAYマルチにて鳴らしています。ウーハーがない分ローエンドはリアリティーに欠けはしますが、前方にしっかりと密度の濃い音場ができました。

屋根を開けてもそこそこきっちりなりますよ。ボリュームの上げ過ぎにはご注意くださいね。

またご来店お待ちしています。




151203.jpg


いよいよ今度の日曜日、13日はデモカー試聴会です。

ぜひお誘い合わせの上ご来店ください。


では。
posted by ANG at 18:12| 福岡 ☁| よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。