2015年12月16日

【アウターバッフルにチャレンジしてみませんか?】

12月も残すところあと半分を切りました。。


「最近は年内まだできますか?」

というお問い合わせが多くなっています。

内容によりますが、年内の施工をできるだけお引き受けできるように現在の作業も急ピッチで進めていますのでいまご検討中の方はぜひお早めにご相談ください。


とくに例年セキュリティーは年末のご依頼が多くなります。安心して新年を迎えるためにもぜひご相談ください。


WEB限定のキャンペーンもやってますよ。ぜひホームページにてご確認ください。



さて、

一般のお店では施工がちょっと難しいだろうな・・・という「アウターバッフル」


当店では日頃から結構な頻度で施工しています。


ドアスピーカーを取り付ける際にドアパネルの中に収めるのではなく、表のパネルを加工してスピーカーを直接出すことを言います。


151216-002.jpg

こんな感じですね。これはオデッセイです。



これもフタを製作してしまえば



151216-001ode.jpg

スピーカーを蹴らないようにガードもできます。


アウターのメリットを上げるとすると、、


・音の良さ(ドア内部での音溜まりが改善されるのでヌケが良く帯域バランスが整えやすくなります)
・見た目のかっこよさ
・スピーカー裏に直接雨などがかかりにくくなるため長持ちしやすくなる

この辺りが一番大きなメリットでしょうか。。


アウターにはしたくないとい方ももちろんご相談いただいていますが、その場合は当店ではインナーバッフルにもいくつかのパターンを用意していますのでオーナーさんのこだわりに合わせた提案をさせていただいています。



カーオーディオの楽しみ方として、アウターバッフルのように車に合わせたワンオフ加工、、という自分の車にあわせた取付が魅力でもあり、それを頼もうとするとそれなりの経験値やスキル、そして工具などが必要になってきますのでどこのお店でも・・・というわけにはいかなくなります。


151216-009.jpg



当店ホームページのアウターバッフルのパッケージはVer.1で2日、Ver.2で3日の作業時間を要します。

もちろんアウターバッフルはインナーバッフルをしっかりと作り上げてからの施工となりますので表のパネル以外の見えない部分にたくさんの拘りが詰まっています。この辺が雑誌などを見様見真似で作ってもいい音にならない秘密です。



151216-003leacy.jpg

これはレガシーにVer.1の施工。



151216-008.jpg

こちらはエスカレードにVer.2の施工で、グリルをオプションで施工しました。





さらに、、パッケージにはこだわらず、音やデザイン性にこだわった施工をご相談いただければいろいろなカスタムが可能です。



151216-007.jpg

これはCX-5



151216-004move.jpg

ムーヴ



151216-006.jpg


プリウスα



151216-005.jpg

プリウス


施工例はまだまだ豊富にありますので、あなたのお車も世界で一台のカスタムをしてみませんか?


音・イメージ・こだわり、ご要望を最大限考慮して施工しますのでぜひご相談ください。
posted by ANG at 18:43| 福岡 ☁| インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。