2016年06月05日

【カーオーディオで遠征】

石川県で行われるヨーロピアンサウンドカーオーディオコンテスト


今度の日曜日6月12日です。これに当店から2台エントリーしているので昨日の夜は



160605-006.jpg

常連さんが集まっての調整会となりました。


みんなでアドバイスしあっていい方向に変化しました。


石川県まで福岡からだとだいたい10時間位でしょうか・・・


カーオーディオに対する熱い気持ちが実を結ぶといいですね。。


各地で開催されるコンテスト。とりあえず、ハイエンドカーサウンドコンテストが昨年に続いて行われますが。今回は静岡です。つま恋になります。9月24日25日だったと思います。


エントリーは7月1日からだそうです。


他にも四国で開始されるエキサイトジャムや、大阪で開催されているまいど大阪。。


いまのところ遠征希望の方が数人いますので他にも行ってみたいという方はぜひご連絡ください。

ハイエンドのエントリーが一番近いので当店のお客様で心あたりがある方は参加表明をお願いします。




さて、、


今日はとにかく忙しい一日でした。いろいろと商談いただきご成約もいただきました。

今日もプロセッサーのお話が多かったです。

アンプを買うつもりでアンプ内蔵のプロセッサーが買える感じですし、それ以上にステレオの臨場感を体感できるDSPの効果は絶大です。


クラリオンのFDS人気もあってみなさんの興味がDSPに注がれているようですね。


さてピットは、


160605-002.jpg


フォードエクスプローラー。


160605-001.jpg


純正オーディオにサイバーナビの追加。


ダッシュ上部に1DINのスペースを製作しました。


目線のラインに画面があるのでとっても使いやすいですね。

ありがとうございます。



160605-003.jpg

こちらはまた違う車です。


160605-005.jpg

ダイハツコペン。


スピーカーは66セットでカロッツェリアのCシリーズ。



160605-004.jpg


助手席後ろの狭いスペースにサーウィンヴェガのパワードウーハーを施工させていただきました。

このウーハーはベースの音階がしっかりでていいですね。

ビート感がよく出ます。ローの深さではロックフォードのJPSかなと思いますが、リズム感はこのウーハーが楽しめる気がします。


61セットにて施工可能ですのでぜひ!



今日はこの辺で。
posted by ANG at 19:38| 福岡 ☔| よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

【遠方から・・・】

いよいよ九州も梅雨入りしたらしいですね。



160604-005.jpg


そんな感じの雨が降りしきっています。


しばらく曇りや雨ばかりかもしれませんが、当店はバリバリと忙しく明るく営業中ですのでぜひ遊びに来てください。。



さて、、今日は遠方からのお客様の納車が2台。



160604-006.jpg


こちらは宮崎からお越しいただきました。インプレッサWRX。




160604-001.jpg


ヘリックスのP−SIX DSPUとDIRECTOR。

DIRECTORはコントローラーですね。ボリュームができたりメモリー呼び出しができたり。iPhoneやウォークマンなどをデジタル接続するときは必ずコントローラーが必要になります。


今回はタッチパネルで操作可能なDIRECTORを埋め込みさせていただきました。下には充電用のUSBソケット。



160604-008.jpg


スピーカーは158セットでダイヤトーンのG500でツィーターは埋め込みです。




160604-007.jpg


ウーハーはロックフォードのJPS300−12。最近の人気商品です。


純正のナビとうまく連携してシステム構築ができました。ダッシュボード上に広がるステレオイメージが施工前とはまったく違う世界です。

遠いところご来店頂きましてありがとうございました。



160604-002.jpg


こちらは常連のプリウスのお客様、大分からです。



160604-003.jpg

今回はAピラーにツィーター埋め込みです。もともとダイヤトーンのG20がありましたのでこれを使ってインストレーションのグレードアップ。見た目はもちろんですが、音の方もしっかりと変わります。


とくにヘッドユニットがカロッツェリアのDEH−P01なので調整がまったく変わりました。こういうときはほんとにインストールは重要だなと再認識します。


オーナー様のご要望で



160604-004.jpg

ピラー裏もチューニングを施しました。こういうところが最終的に調整に効いてきます。


いつもありがとうございます。


お気をつけてお帰りください。

またのご来店お待ちしています。



さて、今日はこのへんで。
posted by ANG at 19:22| 福岡 ☔| よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

【UVカット!】

今日も続々と取付予定の商品が入荷してきます。



160603-003.jpg


カロッツェリア製品が、アンプ・スピーカー・ウーハーと多いですね。



160603-002.jpg


パワードウーハーの取付待ちもチラホラ。


アルパイン・ロックフォード・サーウィンヴェガ。

このタイプはどれもシート下に入るくらいの薄めのサイズです。


これとは別に大きいボックスタイプのパワードウーハーもあり、

最近はこの大きいボックスタイプにされる方が多いですね。

シート下に入りそうでも実際に合わせてみると入らないこともあり、

そんな時にどうせトランクに置くなら本格的になってくれるタイプにしよう!という方だったり、


もともとスペースよりも鳴りの良さで選ばれる方もいらっしゃいます。


とりあえず言えることはウーハーは箱がしっかりとしていることが優先なのでスペースを妥協できる場合は大きめのタイプをおすすめします。


スペース優先の場合はまずは置きたいスペースに入るかどうか調べたいですね。



店頭ではいくつか展示品もありますので実際にお車に合わせてみることも可能です。



詳しくは当店のホームページでご確認くださいね。





さて夏も近づいてきました。



160603-001.jpg


今日はハマーH3に透明フィルムの施工です。




160603-004.jpg


フロント3面。


この写真は外からガラスの型とりをしているところですね。


UVカットで日焼けも防げるし、車内の温度が下がるのでエアコンの効きも良くなりますよ。


たまに、リアがプライバシーガラスで暗いけど、もっと黒くして外から見えないようにしてほしいなどの相談もありますがそういうのも大丈夫です。


車種ごとに価格が変わりますが、これからの季節とても役立ちますよ。


フロント3面に関しては透明であれば車検等も大丈夫ですのでご安心ください。


さて、今日はこのへんで。
posted by ANG at 18:55| 福岡 ☀| よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

【月頭なので静音部材がたくさん入荷・・・】

毎月月初めは注文したものがドカッと入ってきますが、



今日はサイレントチューニング部材がドカっときました。


当店では常時20種類くらいのドアチューニング、サイレントチューニング用の部材を揃えています。


先月はたくさん施工したのでかなり月末は在庫が減ってました。



そして今月もフルサイレンとチューニングを含めた車内静音メニュー、そしてスピーカー取り付け時のドアチューニングなどでたくさん使うものが入荷しました。。



主によく使ってるものだと、



160602-006.jpg

レアルシルト匠


160602-004.jpg


StPゴールド


160602-005.jpg


StPBOMB



このあたりが防振材ですね、



160602-003.jpg


遮音材のノイズレスマットに


160602-010.jpg


制振/吸音で使うダンピングアブソーバーに



160602-007.jpg


遮熱/吸音で使うヒートシールドラグ、



160602-001.jpg


あとこちらは吸音材のフェリソニ




この辺りが今日届きました。



それ以外にもあまり使わないけど要所要所、適材適所で使うものも


160602-002.jpg


ごっそりあります。



車によって、予想しないところに原因があることがありますのでそのための備えが必要です。

ドアチューニング、サイレントチューニングの難しいところは適材適所です。

とくにドアチューニングに関してはデッドニングして音を潰してしまうことがよくあります。吸音のし過ぎも当然音を質素にしてしまいます。


適切な材料で適切に施す、あと目的意識を持っての施工も重要ですね。


オーディオのためにチューニングを施す場合はとくにデッドニング材も1種類ではダメで数種類の組み合わせが効果的です。ドアの構造によって振動の伝わり方が違うのでそれを複数の制振材でコントロールする、あと、貼り込み方でも音が変わるのでそこを考慮した施工が必要です。



その上で吸音・遮音・拡散を組み合わせて最終的にドアの音を作る、だからこそ当店ではドアチューニングと呼んでいます。




さて、、


今日は


160602-008.jpg


インスパイアの天井サイレント処理。



160602-009.jpg

天井の音を静かにしたいということで、静音と遮熱を組み合わせて施工させていただきます。




サイレントチューニングのページに詳細なメニューを用意していますので興味があるかたは是非。



では今日はこのへんで。
posted by ANG at 18:00| 福岡 ☀| よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

【ハイレゾへの道・・・】

いよいよ6月ですね。


2016年もどんどん進んでいきますね。


日々が早いです。



最近は平日もご来店される方が多くていろいろ商談を頂きます。



とくに、最近はブログでもよく書いていますがプロセッサーに関する商談が多いですね。


66セットや99セット、そしてパワードウーハーに次ぐ相談の多さです。



ひとつには66セットや99セットを当店で施工された方たちが次なるステップとしてDSPでの調整をしてステレオイメージ豊かな臨場感あふれるサウンドにするためにシステムアップされているのがあるでしょうか。


もう一つはハイレゾ対応というのが大きいと思います。



ハイレゾにするにはどうしてもハイレゾ再生に対応したツールが必要です。


純正や既存のヘッドユニットの場合などはそのままではハイレゾ音源を再生できません。


CDにハイレゾデーターを焼いてということもできませんし、USBにいれたところでそれを認識させないといけません。


そこでハイレゾに興味を持たれた方々がご自身の車にハイレゾを導入するべくご相談を頂いているというわけです。



最近発売されて話題の


160601-002.jpg


クラリオンフルデジタルサウンドシステム”FDS”もそのひとつです。96k/24bitに対応しています。


純正ナビなどと接続することが可能で、純正から来た信号もプロセッサー内でアップサンプリングができます。



160601-001.jpg


それ以外の海外ブランドなども大半が48k/24bitからのハイレゾが可能です。


またプロセッサーを使わない場合もオーディオテクニカで販売されている高音質なDACユニットやUSBトランスポートを使うと既存システムへのハイレゾ導入が可能です。



ハイレゾを導入はしたいものの、、自分の車にはどうしたらハイレゾが出来るのかなかなか分からない・・・というようなご相談がとても多いです。


いろいろな方法があるし、そもそもハイレゾがどんなものか知らないという方もいらっしゃることでしょう。


当店のホームページにも導入方法を紹介したページがありますし、ご来店いただけるなら今のシステムに合わせた提案をさせていただきますのでぜひお気軽にお尋ねください。



ハイレゾ再生できるシステムはハイレゾ音源だけでなくCDクオリティーもよくなります。いまお持ちのライブラリの音質アップにもつながりますのでぜひ!



さて、今日はこのへんで。
posted by ANG at 19:08| 福岡 | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。