2016年06月24日

【6穴4穴のスペーサー】

ブログに掲載してから問い合わせやご注文が増えている

リングスペーサー

について今日はご紹介します。



今あるのは2種類です。



160523-001.jpg


4穴と


160618-002.jpg


6穴


6穴は基本的にダイヤトーン用です。スピーカーの周りのシルバーのリングがそれです。


もともとこれはリングスペーサーと呼ばれています。

スペーサーなので何かの間に挟むのがもともとの使い方、と言うかそういう用途です。



パイオニアのメタルバッフルを使いたいとき、パイオニアのスピーカーなら問題無いですが一部スピーカーでは内径の問題などで使えない場合があります。

その時にスペーサーを使ってメタルバッフルを使えるようにしようというものでしたが、


これをスピーカーの表からスピーカーを抑えこむように止めるとスピーカーの制動がとても良くなるので今のような使い方を主にしています。

そういう意味では6穴タイプはスペーサーとしての役割は果たしませんね。メタルバッフルが4穴なので。


どんなスピーカーに効果があるかというと、スピーカーのフレームがあまりしっかりとしていないものほど効くようです。

高額なスピーカーにいくつか試しましたが変化はしますが面白いようには変わりません。当店の66セットや99セットに使っている価格帯のスピーカーは結構、化けますね。


低域が締まり、全体的に音数が増えます。フォーカスもシャープになります。



価格は4穴がペアで5,000円税抜き。


6穴がペアで5,500円税抜きです。


取付はインナーバッフルタイプの施工の場合は2,500円前後。

アウターの場合は施工可能な場合は1,000円〜ですが場合によってはつけられないこともあります。

スピーカー取付とセットでご注文いただければ工賃はサービスです。



在庫がある場合はその日に取り付けることもできます。


いまのところ在庫はありますので施工後希望の方はぜひご来店ください。


では、今日はこのへんで。
posted by ANG at 19:54| 福岡 ☁| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。