2016年08月21日

【パワードからウーハーへ。】

パワードからウーハーへ。


今日はそんなシステムアップです。


当店にオーディオのご相談に来られた方の多くが66セットや99セットをお買い上げになります。


その後の段階でお手軽低音増強セットから選んでパワードウーハーを追加される方がまた多くいらっしゃいます。



その後のステップでは、


ヘッドを含めた再生装置のグレードアップで、ナビをいっその事、音がいいダイヤトーンナビに替えられたり、もしくは既存のものを利用してアンプ内蔵プロセッサーなどのDSPを追加。



この辺りでは結構音が良いシステムが出来上がります。



この先はオーナーさんによって変わってきます。さらにスピーカーの取付を見なおしたり、ケーブルをいいものに替えたり。



そしてさらに次を目指す方たちは、今持っているユニットをさらにグレードアップすることを検討され始めます。


今回のお客様はまさにそのステップアップです。



160821-003.jpg


お車はインプレッサ。常連の方です。


もともと使っていたカロッツェリアの楽ナビを活かして、MATCHのアンプ内蔵DSP、PP82DSP。


フロントにはモレルの2WAY。後に3WAY化され、アウター化。


そしてオーディオテクニカのHRD5を使ってのハイレゾ化。


着々と進化を遂げてきましたが、


ここまでの間ウーハーはカロッツェリアのTS−WH1000Aというパワードウーハー。


今回はここをグレードアップします。



以前当店で行ったウーハー試聴会でウーハーによる音の差を体感してもらったので、

いろいろとウーハは吟味していただきましたが、


今回は


160821-004.jpg


カロッツェリアのTS−W252PRS。


TADというホームオーディオスピーカーの技術を使ったウーハーで、


160821-005.jpg


とにかくゴツいです。

パワフルになるように見えて、しっかりとコーン紙をコントロールしてくれるので

解像度の高い低音を再現するにはとても向いています。



160821-001.jpg


セダンですのでトランク設置。


シートの背もたれを倒せば傍らからウーハーが顔を覗かせます。



音は、まったく別物ですね。深さと厚み。

ボーカルの声もしっかりと安定するようになりました。

音像を立体的に引き立ててくれます。


エージングには時間がかかりますので、しばらくその変化を楽しんでもらうことになりそうです。

オーナー様、おまたせしました。


エージングに合わせてまた調整しますのでご相談くださいね。



さて、、



160821-002.jpg

夏空が続いていますが台風が心配ですね。



気をつけましょう。では。
posted by ANG at 19:03| 福岡 ☀| よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。