2017年01月19日

【FiiO X1でさらに手軽にハイレゾ体験】

ここのところは少し暖かな日が、冬の割にはですけど続いていました。


明日は、なんでも冬の嵐らしいですね。

飛んでいきそうなものはしまっておいたほうがいいらしいです。

気をつけましょう。



さて、


170119-002.jpg


今日はカローラフィールダーに



170119-001.jpg


ダイヤトーンのサウンドナビ。NR−MZ200PREMIの施工です。


以前、66セットでカロッツェリアのCシリーズとJLのアンプをお買い上げいただいていましたのでシステムアップになります。


いままではCD/MDデッキをお使いでしたので、このシステムアップで出てくる音は大きく様変わりです。


スピーカーもアンプもそのままなので音色自体は大きく変わりませんが、やはりステレオイメージの再現性と質の高さでまったく違うものに聞こえます。


170119-004.jpg

雰囲気も高級感があっていいですね。


今回は



170119-003.jpg


サウンドナビのHDMI入力を使ってiPhoneをデジタル入力できるようにしました。これによりiPhoneの動画などをナビで見ることが出来ます。YOUTUBEもHDであればかなりきれいに映ります。


サウンドナビはナビ機能もかなりつけるようになったので必要ないと思いますが、グーグルマップなんかもミラーリンクでそのまま映せます。

かなり便利です。


もちろん、もともとUSB入力もできますし、ブルートゥースにも対応していますからサウンドナビの対応力はかなりのものですね。



ちょっと関連した話ですが、



170119-006.jpg

170119-005.jpg

FiiOのX1を今日拝見しました。


DAPと言われるデジタルオーディオプレーヤーのブランド【FiiO】のエントリーモデルです。



170119-007.jpg


価格は16000円とかなりお手頃。DSD以外の殆どのハイレゾファイルに対応します。

SDカードは256Gまで対応。

デジタルアウトはありません。


この価格まで来るとかなりハイレゾが身近になりますね。


例えば、当店でもユーザーが多いアンプ内蔵プロセッサーでMATCHのPP82DSPにはミニジャックの入力があります。


大体の場合別のヘッドユニットから入力がアナログではいっていますが、このミニジャック入力はオートで切り替わってくれるので、



このFiiOのX1を買ってミニジャックケーブルで繋げば勝手に切り替わってハイレゾ再生が楽しめます。


もちろんFiiOに内蔵のD/Aコンバーターを使いますからそこまで高級なものではありませんが、しっかりとハイレゾ再生を楽しむことは可能です。


ハイレゾはなかなか遠い世界とお考えの方も多いですが、いろいろなアプローチが可能です。


プロセッサーをお持ちでない方でも純正オーディオにミニジャック、もしくはRCA入力がある場合があります。

ケーブルは手軽なものだと2000円くらいからそこそこのものがありますので、

ハイレゾがよくわからないけど興味がある・・・どうしたら自分の車でハイレゾを聴けるの?


というときはぜひご相談くださいね。


試聴体験も可能ですのでお気軽にどうぞ。



さて、今日はこのへんで。






170117-002.jpg
posted by ANG at 18:49| 福岡 ☁| よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。