2016年10月26日

【待ちに待ったダイヤトーン】

月曜日、火曜日とお休みをいただきました。


火曜日が定休日というのも今週までで、来週から定休日は水曜日となります。




今週は、待ちに待ったウォーキング・デッドの第7シーズンのスタートで幕を開けました。月曜日。

全世界が待ち望んだ新シリーズ。ものすごい展開でしたが、ゾンビよりも怖いのは人間ですね。それだけはいえます。



161026-005.jpg

161026-004.jpg


月曜日は太宰府の水城跡で秋を探しながら散策し、



161026-003.jpg

火曜日はあちこちフラフラしながら建替え中の福岡空港をぶらぶら。

第1、第2ターミナルともう言わなくなったんですね。今月から。


まだまだあちこち工事していますが、より使い勝手がよくたまに遊びに来ようかなって思うような空港になって欲しいです。


さて、



今日はいよいよ、待ちに待った、ダイヤトーンの新製品を試聴させていただきました。



161026-002.jpg


DS−SA1000!67万円。(税抜き)



161026-001.jpg


パープルブラウンのハウジングが個性を主張しますね。


今回発売になるDS−SA1000(11月発売)と、新しいサウンドナビ200シリーズ、そしてDSRC2.0のETCなどなど、


三菱さんの設計の方にご来店頂いて詳しく教えていただきました。


なかなかカタログでは伝わらないことが多いのでそれをいかに伝えるか、そういう目線でお話を伺いました。


とにかくナビはフルモデルチェンジの100シリーズをさらに上回っているし、


SA1000はダイヤトーンの新世界を切り開いてくれたようなものづくりのこだわりを感じました。



161026-006.jpg

デモカーの試聴では、それを裏付けるようなS/Nの高いサウンド。ほんとにこれがナビヘッドかと思わせるクオリティー、そして60kHzまで伸びるというSA1000ツィーターの空気感、そしてそれを支えるミッドレンジ。スピード感、緻密さ、透明感、ワイドレンジ、エネルギー感・・・聴きながらこんな言葉がどんどん頭に浮かんできます。


価格以上の体験、まさにそんな感じでした。


この感覚を皆さんにもぜひ味わってほしい!


そんなわけで、

12月4日(日)

ダイヤトーンDS−SA1000とサウンドナビ200プレミの試聴会を行います!


今日決まりました。


当日は、ダイヤトーンさんによる解説や、サウンドナビ100と200の比較試聴も行います。


詳細はまだ決まっていませんがぜひたくさんの方のご来店をお待ちしています。


ダイヤトーンさんによるSA1000試聴会は九州発ですのでぜひこの機会に!



SA1000の試聴機は当店ディスプレイにも導入しますので入荷次第こちらもご案内します。




今日は念願の新製品が聴けてテンションが上りました、楽しかったです。



では、今日はこのへんで。






11月から定休日が水曜日になります。
posted by ANG at 20:43| 福岡 ☀| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

【オーディオテクニカとサウンドサスペンションの新製品】

秋らしい毎日ですね、ここのところは。


空が高くて、うろこ雲が空に広がっていたり、月が綺麗だったり。


昨日は定休日でした。来月からは火曜日でなく、水曜日になるので個人的に生活のリズムも変わるな・・・とちょっと休みの過ごし方を考え中です。



161019-004.jpg

昨日は久々に太宰府天満宮に散歩に行きました。


161019-001.jpg


かつての古き良き日本の歴史の地という雰囲気はまったくなく、中国語と韓国語が飛び交います。


参道を歩いていると、店員さんすら流暢な中国語だったりしますね。観光客の近くを歩いていると僕らでさえ店員さんは外国人と思って外国語で挨拶を交わしてきます。


ただ、参道から本殿に向かう道はものすごい観光客ですが、一歩はずれて裏道にはいっていくと



161019-003.jpg



161019-002.jpg


静かで落ち着いた町並みです。古い民家や古い祠、いろいろな施設が点在しています。



昨日は天気も良かったし、ちょっと暑いくらいでしたがのんびり散歩してきました。



観光客が多いせいもあってか、地元の人はついつい大宰府天満宮を避け気味ですが、メインの通りを外せばとてものんびりと散歩できるのでぜひ再発見に訪れてみてください。



さて、今日は新製品のご紹介。



161019-006.jpg

161019-005.jpg


オーディオテクニカのハイエンドケーブルシリーズ、レグザットより低価格モデルのRCAケーブルです。


ダイヤトーンのサウンドナビやカロッツェリアのDEH−P01などの高音質ヘッドをメインに据えた場合、アンプをトランクに置くと5mくらいのRCAケーブルが必要になってきます。従来のレグザットシリーズでは2WAY5m引くだけでもケーブル単価で税抜き9万円かかっていました。

かといって、もう一つ下のグレードにすると2本で2万8千円。


この間くらいのケーブルがあれば・・・と相談していました。それは当店だけではなくて他のお店からも要望があったようで、今回その間を埋めるケーブルRX23が生まれました。

5m2本で税抜き6万円。


もちろんレグザットですからお手頃ではありません。ただ、サウンドナビやP01を活かしていく上で一番売れている価格帯のケーブルがここです。

長さは0.3mから。



161019-009.jpg


発売は11月です。新型のダイヤトーンナビ200シリーズと合わせてご検討ください。



161019-010.jpg

161019-011.jpg


以前あったUSBエクステンションも再発売になります。これもレグザットシリーズ。従来モデルと設計は変更になっているそうです。価格は28000円税抜き。こちらも11月発売予定だそうです。



それから、


サウンドサスペンションさんより。



161019-008.jpg


クリアストリーム。


USBを使うポータブルプレーヤーに関する商品です。


iPhoneやウォークマンで音楽再生を行っているかたで充電しながら再生をされている方はこれを使うといいそうです。




161019-007.jpg


USB充電の際に起こるスイッチングノイズをこれにより除去できるそうです。

お求めの方は数が少ないようなのでお早めにお願い致します。


当店の常連さんでも心当たりの方が数人いらっしゃいますのでご希望の方はお早めに。

こちらの価格は28000円税抜きです。




以上、今日はこのへんで。





161007-001.jpg



11月より定休日が火曜日から水曜日になります。
posted by ANG at 18:49| 福岡 ☀| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

【マルチバッテリー】

160907-003.jpg


先日ご紹介した、駐車記録機能がついたユピテルのドライブレコーダー

ZD600をご紹介しましたが、


この駐車記録機能を使うにはオプションのマルチバッテリーか電圧監視機能付き電源ユニットが必要です。


マルチバッテリーはその名の通りバッテリーで、電源供給はこのバッテリーから。


電圧監視機能付き電源ユニットは車両のバッテリーから電気をもらいますが、その差異バテtリー上がりにならないように監視してくれて、危なくなると記録をやめるという賢いユニットです。


今回マルチバッテリーが入荷しましたのでご紹介します。



160907-002.jpg


マルチバッテリー OP−MB4000


価格は23,000円(税抜き)

最大で約12時間の電源供給ができるそうです。



ZD600を専用ケーブルで組み合わせると駐車記録キャンセルエリアの設定や駐車記録カスタマイズが可能になります。

ここでは記録しないでいい場所、、、とか、駐車記録時のみ画素数を落として長時間撮れるようにするなどの設定が可能です。



駐車記録に対応したドラレコは他にもありまして、


当店で一番人気の

DRY−AS410WGdでもマルチバッテリーとの連携ができます。


ただし、ZD600のように専用ケーブルでの接続ができないのでキャンセルエリアやカスタマイズが出来ないそうです。



ただし、ドライブレコーダーとしての画質は410では400万画素のカメラで300万画素FULL HDですが、

ZD600では200万画素カメラで200万画素のFULL HD。

ZD600では長時間の記録を前提としているからでしょう、画質では少しさがあります。



最終的に、ドラレコ重視か、駐車監視重視か、


その辺りで選んでいただけるといいかと思います。


価格の方は


ZD600  27,500円税抜き

ZD600WF(WiFiモデル) 30,000円税抜き

DRY−AS410WGd  25,000円税抜き



マルチバッテリー OP−MB4000  23,000円税抜き

駐車監視電源ユニット OP−VMU01  6,000円税抜き

専用ケーブル    2,000円税抜き




ZD600シリーズはもうすぐデリバリー開始になるようです。

只今予約受付中です。



さて、今日はこのへんで。
posted by ANG at 18:49| 福岡 ☀| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

【アンプインストベーシック】

160903-001.jpg



明日の夜でしょうか?台風がやってくるようですが、今日の夕方には綺麗な夕焼けがのぞいていました。


明日の夜中から月曜日の昼間にかけて福岡を通過するようですね。


台風は何度となく福岡を通過していきますが、いつも怖いですね。



さて、


今日はホームページからアンプインストベーシックのご紹介です。



160903-004.jpg


アンプをつけようと思った時、何が必要で工賃がいくら位かかるのかって、分かりにくいですよね。



160903-002.jpg


例えばこんなのや、



160903-003.jpg


こんなのをつけたい。


アンプの値段はカタログなどでわかるとして、アンプをつけるのに他に何が必要でしょうか?


電源ケーブル、ヒューズ、それからRCAケーブル、それにスピーカーケーブルが必要です。

そしてもちろん取り付け工賃。


そうなると予算の検討が難しくなりますよね。


そんな時に使っていただきたいのが486セットと864セット!


このセットはアンプを付ける時に必要な部材と工賃をセットにしています。


486セットがベーシックな内容で、864はちょっといいケーブルを使います。


通常よりお買い得な設定にしていますので、このセットをご利用の時は5万円以上のアンプをお買い上げと同時に施工というのが条件になります。


パッケージの内容もご要望があれば臨機応変に変更も可能です。


アンプも2CHだったり4CHだったりしますし、とにかく486セットまたは864セットでオーダーいただければ予算の中でご提案いたしますのでぜひ、アンプご検討の際には当店にてご相談ください。



今日はこのへんで。
posted by ANG at 19:36| 福岡 ☀| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

【人気のドラレコ】

160822-002.jpg



日本列島は広いですね。台風が来ているエリアでは強風や雨がすごいそうですが福岡はほんとに夏らしい強い日差しです。


とにかくアスファルトの照り返しが暑くて、10秒も外に入れば汗だくです。


そういえば、去年の夏休みのラジオ体操は、雨で中止ということが良くありましたが、今年はいまのところ中止はなしです。

夏休みもあと1週間ほど。夏もそろそろ終わりに近づきますが、暑さはもう少し続きそうですね。




さて、今日はドライブレコーダーのご紹介です。


オーディオやセキュリティーと一緒にドライブレコーダーもお買い上げいただくことが多くなっています。


当店ではユピテル製品を取り扱っています。

最近では安いドラレコもたくさんありますが、一部商品では地デジの入りが悪くなったり、映りが荒くて見えない、暗いと映らない、LEDタイプの信号機が映らない・・・いろいろな問題があります。

そういう点でユピテル製品は安心してお使いいただけます。


そのなかでも当店でおすすめしている機種を少しご紹介します。



160822-001.jpg


一番手前、



160822-003.jpg


間もなくデリバリーされるそうです。ZD600。


こちらはドライブレコーダーではありますが、どちらかと言うと駐車監視機能に重点を置いた機種だそうです。

オプションのバッテリーをつけると最大約12時間記録できるそうです。


セキュリティーのオプションとして、当て逃げや発見や車上荒し、車両盗難の危機に証拠能力のある記録映像として残るかもしれません。


価格は36850円税抜き。



160822-004.jpg

こちらはDRY-AS410WGd。

フルHDで300万画素。カメラはCMOS400万画素。

画像の明暗をくっきりさせるHDRなどドライブレコーダーとしての機能満載。

しかも内蔵バッテリーで約20分間の駐車監視機能もあり。オプションのバッテリー追加で最大約12時間までの監視継続も可能です。


運転席の視界から、ちょうどルームランプの裏に隠れるように設置されるお客様が多いです。


価格は25000円税抜き。



160822-005.jpg


DRY-AS375WGd。


このドラレコの特徴は



160822-006.jpg


この筒状の形状です。上下に首を振ってくれるので幅広い車種で最適なカメラアングルの取り付けが可能です。


価格は18500円税抜きと少しリーズナブルなところもいいですね。



定番商品は通常店頭に在庫していますのでお車に実際合わせてみることも可能です。


オーディオやセキュリティーのお供に、もちろんドラレコをお買い求めに来てもらうのも大歓迎です。

ぜひご相談ください。


では、今日はこのへんで。
posted by ANG at 19:23| 福岡 ☀| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

【内蔵アンプの隠し味に・・・HNF−A】

今日は商品のご紹介。



最近はミニマムなシステムながらとても良い音がする車が増えています。


ナビヘッドの内蔵アンプでフロントスピーカーを鳴らし、ウーハーはシート下にパワードウーハーを設置。

シンプルシステムながら驚くような解像度でステレオイメージを再生していたり、

当店だと、ナビに66セットや99セットを施工して、お手軽低音増強セットでパワードウーハーをチョイス。


毎回、納車の際に調整して確認しますが、最近はほんとに音が良くなりました。


こうなってくると、アンプなどを入れるより、この内蔵アンプをいかしてもっと音をよくできないだろうか・・・と思いますよね。


ナビにかぎらず、当店では既存のナビの調整機能を補うべく、アンプ内蔵のプロセッサーというものがよく選ばれます。


これもやはり内蔵アンプを抱えているのでこれをさらに活かすシステム、そんな発想になりますよね。



そういう時に一番取り組みたいのが電源周りです。まずはバッ直はこだわってやりたいところです。


そしてさらに当店でおすすめしているのはサウンドサスペンションさんのリバンプ各種。

いろんな種類がありますが、どれも既存のシステムの能力をさらに引き出してくれるものばかり。



そこで、今回おすすめするのが



160717-002.jpg


HNF−A。32,000円(税抜)



ヘッドユニット、もしくはアンプ内蔵プロセッサーの電源にこれを割りこませる感じです。


とりつけ簡単ながら効果抜群!


S/Nが改善し、ワイドレンジ、そして音の粒立ちがとても良くなり瑞々しく変化します。


内蔵アンプにありがちなちょっとざらつくような雰囲気をガラッと変えてくれるユニットです。



もともとデジタルプロセッサー用としてHNFがありましたが、このHNF−Aはそれを内蔵アンプ専用として再設計されているので信頼性も高いです。


内蔵アンプで音作りをしている皆さんのシステムアップの隠し味として、ぜひご検討ください。




さて、今日はこのへんで。7月18日(月)、19日(火)はお休みとなります。






160715-001.jpg

160711-008.jpg

posted by ANG at 20:05| 福岡 ☁| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

【アンプ内蔵DSPに新顔】

昨日の店休日は諸用で博多駅に行って来ましたが、


160629-003.jpg

160629-008.jpg


博多山笠の季節ですね。


山笠は早朝だし平日だったりするので、こういうところで飾り山を見て季節を感じる程度ですが、

それでも夏は間近ですね。

もう明後日には7月ですから。


今年は特に梅雨の雨が本降りで。


今日明日と結構降るらしいですし。


土砂災害とか洪水とか、まさかと思う場所で遭遇するかもしれませんので万が一に備えて準備はしましょうね。



さて、、

商品紹介です。


当店で大人気のアンプ内蔵タイプのプロセッサー。


160629-002.jpg

ヘリックスからまもなく発売開始になるのがV-EIGHT DSP

価格は16万円税抜き。


こちらは8chアンプ内蔵10chコントロール。

ハイレゾは48kHz/24bit対応です。

アンプはP-SIX DSPのCLASS ULTRA Dコンセプトの更に上を行くPure Class Ultra GDという新設計アンプを採用しているそうです。


価格もP-SIXと比較して2万円安いし、お買い得かもしれませんね。でもP-SIXではハイレゾが96/24対応なのでこの点に関してはP−SIXが上です。



それからもう一つ、


今度はMATCH製品です。



160629-001.jpg



M−5DSP

5chアンプ内蔵7chコントロールプロセッサー。

9万円税抜き

W110mm×D85mm×H35mm


サイズがとても小さいです。


フロント2WAY+SWのシステムには十分ですね。


省スペースで対応できるのはとてもいいですね。


オープンカーなどでは一般的なプロセッサーでさえ隠す場所に苦労することがあります。


このサイズならグローブボックスの奥やダッシュボードの中の何処か、もちろんシート下やシートバックやいろいろなところに設置できそうです。



コントロールは7ch対応なのでもう2chアンプを足せばフロント3WAYもできますね。スペース優先ならモスコニのPICO2と組むなんてのもありかもですね。




最近はアンプ内蔵DSPにもバリエーションが増えてきてますので迷った時にはぜひご相談ください。


では。
posted by ANG at 18:36| 福岡 ☔| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

【6穴4穴のスペーサー】

ブログに掲載してから問い合わせやご注文が増えている

リングスペーサー

について今日はご紹介します。



今あるのは2種類です。



160523-001.jpg


4穴と


160618-002.jpg


6穴


6穴は基本的にダイヤトーン用です。スピーカーの周りのシルバーのリングがそれです。


もともとこれはリングスペーサーと呼ばれています。

スペーサーなので何かの間に挟むのがもともとの使い方、と言うかそういう用途です。



パイオニアのメタルバッフルを使いたいとき、パイオニアのスピーカーなら問題無いですが一部スピーカーでは内径の問題などで使えない場合があります。

その時にスペーサーを使ってメタルバッフルを使えるようにしようというものでしたが、


これをスピーカーの表からスピーカーを抑えこむように止めるとスピーカーの制動がとても良くなるので今のような使い方を主にしています。

そういう意味では6穴タイプはスペーサーとしての役割は果たしませんね。メタルバッフルが4穴なので。


どんなスピーカーに効果があるかというと、スピーカーのフレームがあまりしっかりとしていないものほど効くようです。

高額なスピーカーにいくつか試しましたが変化はしますが面白いようには変わりません。当店の66セットや99セットに使っている価格帯のスピーカーは結構、化けますね。


低域が締まり、全体的に音数が増えます。フォーカスもシャープになります。



価格は4穴がペアで5,000円税抜き。


6穴がペアで5,500円税抜きです。


取付はインナーバッフルタイプの施工の場合は2,500円前後。

アウターの場合は施工可能な場合は1,000円〜ですが場合によってはつけられないこともあります。

スピーカー取付とセットでご注文いただければ工賃はサービスです。



在庫がある場合はその日に取り付けることもできます。


いまのところ在庫はありますので施工後希望の方はぜひご来店ください。


では、今日はこのへんで。
posted by ANG at 19:54| 福岡 ☁| 新製品/商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。