2016年02月27日

【2月も大詰め】

160226-001.jpg

20160210-topbanner.jpg

上記キャンペーンご利用お待ちしています!




2月もまもなく終わりの週末土曜日。。



キャンペーン告知の効果か、たくさんご来店いただきましてありがとうございます。



160227-002.jpg


今日はピットでレガシーアウトバックに



160227-003.jpg



99セットの施工をさせていただいています。





160227-001.jpg


スピーカーはイスラエル製スピーカーモレルテンポウルトラ


いろいろ御試聴いただく中でこのスピーカーにご決断いただきました。


当店試聴室にいろいろスピーカーを置いていますが、音を聴いてみるとどれもいい音がするのでなかなか決められないという方が大半です。

そんななかでも、いろいろと会話の中から決断の糸口を見つけてお手伝いさせていただいています。


車内の空間は自分だけの空間でゆっくりと音楽に浸れる至福の時ですから、、

そこでどれを買えば楽しくドライブできるのか・・・迷うのは当然です。


当店ではゆっくりとお買い物をしていただけるように心がけていますのでぜひたくさん聴いて、ゆっくりとお過ごしください。



今回はオーナー様のご希望で



160227-004.jpg

ツィーターはダッシュボードの純正位置へマウントを製作して取り付けました。


見た目は取り付け前と何もかわらず、音の方はグット良くなりました。



3月からはAピラー埋め込みのキャンペーンも行いますので、いろいろとご相談ください。


お待ちしています。。



では今日はこのへんで。
posted by ANG at 18:41| 福岡 ☀| インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

【ボンネットのサイレントチューニング・・・】

今日はとっても晴れやかな一日になりました。。


午前中はとってもスローでしたが、午後からは立て続けに商談を頂きました。ありがとうございます。



そんななかでも本日納車のお預かり車があるので急ピッチで作業を進行しています。。



今日はランクルプラドに、、


ボンネットサイレントチューニング。



160221-002.jpg


ボンネットを



160221-001.jpg

防振


160221-004.jpg


耐熱吸音材



160221-003.jpg


そして元通りに。


ボンネットを表からコツコツと軽く叩いてみるとまったく響きが変わります。


ボンネットは面積が大きいのでそれなりに発している音も大きいです。ボンネットがエンジンの共振をもらって響く音はここで抑えられます。


エンジン内部の音は吸音材が吸収します。


純正のカバーをかけないならば、もっと吸音材を貼ることもできますが、純正のカバーの中での施工を前提としていますのでカバーに干渉しないような張り方を心かけています。



価格は基本的に15、000円で行っていますが、車種により材料を多く使う場合などは18000円で施工させていただきます。今回のプラドは18000円での施工でした。



最近は乗用でディーゼル車が増えているのでボンネットの静音作業は多いですね。


その他の部位もメニューを用意していますのでぜひ当店のウェブサイトを御覧ください。




それから、、



160221-006.jpg


アテンザワゴンには



160221-005.jpg


99セットでダイアトーンのG20を施工させていただきました。



ヘッドユニットにはすでにダイアトーンサウンドナビ、60プレミがついていましたので、調整もバッチリ。


今回はウーハーがないシステムでしたが、ウーハーがない時に、このプレミとフロント2WAYスピーカーの配線をマルチにするのかパッシブにするのか悩みどころです。


オーナー様がリアスピーカーはいらないという前提で言うと、ウーハーがあれば迷わずマルチにするところですがウーハーがない場合は別です。

ウーハーがない状態でフロントの解像度が上がっても音楽のダイナミズムやビートが薄らぎます。


音楽を楽しむには低域は非常に大事です。鳴らしすぎる必要はありませんがないというのは臨場感にかける音になります。


なので、当店ではオーナー様と話しながらですが、純正のリアスピーカーをうまく調整して低域を補うサポートをするように調整をするパターンと、後々ウーハーを付けるまでは低域が軽めになるのはご理解いただいたうえでフロントマルチの解像度の高さ・質の高さをとるか。


どちらにもメリット・デメリットはありますが今回はリアスピーカーをつかって低域を補う方向で調整しました。

おかげで量感があり、臨場感のある音になりました。

とくに、サウンドナビはマルチウェイタイムアライメントを装備しているのでパッシブネットワークを使っっていてもTAと個別のレベル補正が可能です。

リアチャンネルもバンドは少ないながらも左右独立のEQがあるので調整を詰めればなんとかなります。。



今の機材でどう音を組み立てるか、、ここは難しい判断になりますが、悩んだ時は是非当店へご相談ください。


さて、、今日はこのへんで。





20160210-topbanner.jpg
posted by ANG at 16:50| 福岡 ☀| インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

【音を良くするにはスピーカー交換から・・・】

今週はスピーカー交換のご相談をたくさんもらっています。


車買い替えの多い時期だから・・・というわけでもなく、


今乗っている車の音をもう少し良くしたい、、というようなご相談が多いです。



すでに交換されている場合でも、現状をもっと良くする方法がいろいろありますので

お気軽にご相談ください。



さて、今日のピットは

その66セットの施工です。




160218-004.jpg


お車はカローラフィールダー。。


スピーカーには


160218-003.jpg


カロッツエリアのTS-C1720AU。メタルバッフルをオプションでチョイスしていただきました。


カロッツエリアのメタルバッフルはスピーカーのストロークが安定して不要共振も減るのでタイトで解像度の高い音になります。

適合がある車種の方にはお勧めです。



それから、、



160218-002.jpg


アンプの486セットをご利用いただきJLオーディオのアンプをお買い上げいただきました。


160218-001.jpg


シート下にスマートに収まりました。



アンプの486セットはアンプを取り付けるためのケーブルや工賃をパッケージにしています。


取り付けたいアンプを選んでいただき486セットで取付をご依頼ください。


486セットは比較的お手頃な価格のケーブル類を使用しますので、もう少しこだわったパッケージも現在計画中です。

もちろんパッケージにこだわらず、ご相談いただければ個別でお好みのものをチョイスできます。



オリジナリティーあふれるシステムでカーオーディオライフを楽しめるようお手伝いさせていただきます。


お気軽にご相談ください。



では、今日はこの辺で。


20160210-topbanner.jpg
posted by ANG at 17:51| 福岡 ☀| インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

【ボンネットにサイレントチューニング】

160122-001.jpg


今週末、2月7日(日)いよいよ試聴会です。


ですが、まだ準備ができておりません。。明日だいたいの準備をする予定になっております。

土曜日はもしかしたら雪がぱらつくかもとの予報ですが日曜日は大丈夫そうですね。。


2週間前みたいなことになるとたいへんです。


この週末はぜひ遊びに来てくださいね。




さて、、

今日はBMWの320d。


160204-001.jpg


走行中にテレビが見られるようにTVキャンセラーの施工。



それから車内で聞こえるディーゼル音の軽減に向けてボンネットのサイレントチューニング。



160204-005.jpg


まずはここから




160204-004.jpg


デッドニング




160204-003.jpg



吸音




160204-002.jpg


純正のフードを戻して完成です。。



車内で聞いてみると、エンジンルームからの音に一枚壁ができた間隔で静かになります。


車種によりますが、先日のマツダアテンザ、今回のBMWとも税込み15,000円。


もちろん車種により追加になることもありますが、まずはご相談ください。


ボンネット以外にもサイレントチューニング可能ですので当店のウェブサイトにてご確認ください。




さて、今日はこのへんで。
posted by ANG at 18:20| 福岡 ☁| インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

【マツコネにマッチ】

本日はデミオにアンプ内蔵DSP取付をさせていただきました。




160116-002.jpg


以前99セットにてモレル、ロックフォードのJPSをお買い上げいただいていたお客様です。


デミオはマツダコネクト、略してマツコネです。


最近のマツダ車が採用しているメーカーオプションナビ。

いままでにもたくさんのマツダ車に施工させていただいています。

デミオ、アテンザ、アクセラ、CX5、CX3、いずれもアンプ内蔵DSPをつかって純正とは思えないような臨場感たっぷりな音に変化しています。


今回使ったのは


160116-003.jpg


ドイツのMATCHというブランドです。アンプが特にしっかりしているのでお勧めです。



160116-001.jpg

本体は運転席下へ。助手席下にはパワードウーハーがあるのでこうなりました。




160116-004.jpg


取り付け後はパソコンにて調整します。かなり細かいところまでできます。個人的にはカロッツエリアスタイルでリモコンでの調整が好きですが、そうなるととてもこんな価格にはならないでしょうね。

パソコンに演算させるからこそこの価格に抑えられているでしょうから。



160110-002.jpg


このアンプ内蔵DSPに関しては先日ホームページにアップしていますのでぜひ御覧ください。




では、今日はこのへんで。
posted by ANG at 18:19| 福岡 | インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

【V37スカイラインは大穴あり。。】

今日は祝日ですね。あすはクリスマスイブ。


明日は当店の営業は午後5時までとなります。よろしくおねがいいたします。


今日はなぜだかダイアトーン100プレミの電話問い合わせが多い一日でした。


12月も後半くらいから、ダイアトーンに限らずですが電話のお問い合わせが増えております。

当店をホームページで見つけていただいて、近くでない方はとりあえずお電話を頂いているという感じですが、ぜひお近くにお越しの際はお気軽にご来店ください。


ETC付きの代車もあります。なかなか専門的にオーディオ・セキュリティーを対応できるお店は少ないので遠方の方もぜひ、お待ちしています。




さて、、


今日は99セット


151223-003.jpg


V37のスカイラインです。インフニティーエンブレムですね。



BOSE付きだとたぶんスピーカーは3WAYなんだとおもいます。


151223-002.jpg

今回は2WAYなので99セットが問題なくつけられます。


ただ、適合バッフルはないのでバッフル製作です。



151223-001.jpg

純正スピーカーは普通サイズなのですが、そのマウントがとても大きく外すとポッカリと穴が空いてしまいます。


この樹脂のマウントにスピーカーを乗せれば簡単に行けそうですが、とてもデッドニングで対応できるレベルではないのでこの大きなマウントごと製作します。


今回のスピーカーは試聴室でお客様に気に入っていただけたダイアトーンのDS−G20。今回のスカイラインのようにメーカーオプションナビが付いている場合は、ヘッドユニット交換が容易ではありませんが、そういう純正のナビでも比較的鳴らしやすいスピーカーでもあります。

のちのちさらなる発展性はプロセッサーなどの追加で純正ナビでもさらに高音質かも可能ですので、今のシステムに物足りなさを感じたらぜひご相談ください。



では、今日はこのへんで。
posted by ANG at 19:26| 福岡 ☔| インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

【アウターバッフルにチャレンジしてみませんか?】

12月も残すところあと半分を切りました。。


「最近は年内まだできますか?」

というお問い合わせが多くなっています。

内容によりますが、年内の施工をできるだけお引き受けできるように現在の作業も急ピッチで進めていますのでいまご検討中の方はぜひお早めにご相談ください。


とくに例年セキュリティーは年末のご依頼が多くなります。安心して新年を迎えるためにもぜひご相談ください。


WEB限定のキャンペーンもやってますよ。ぜひホームページにてご確認ください。



さて、

一般のお店では施工がちょっと難しいだろうな・・・という「アウターバッフル」


当店では日頃から結構な頻度で施工しています。


ドアスピーカーを取り付ける際にドアパネルの中に収めるのではなく、表のパネルを加工してスピーカーを直接出すことを言います。


151216-002.jpg

こんな感じですね。これはオデッセイです。



これもフタを製作してしまえば



151216-001ode.jpg

スピーカーを蹴らないようにガードもできます。


アウターのメリットを上げるとすると、、


・音の良さ(ドア内部での音溜まりが改善されるのでヌケが良く帯域バランスが整えやすくなります)
・見た目のかっこよさ
・スピーカー裏に直接雨などがかかりにくくなるため長持ちしやすくなる

この辺りが一番大きなメリットでしょうか。。


アウターにはしたくないとい方ももちろんご相談いただいていますが、その場合は当店ではインナーバッフルにもいくつかのパターンを用意していますのでオーナーさんのこだわりに合わせた提案をさせていただいています。



カーオーディオの楽しみ方として、アウターバッフルのように車に合わせたワンオフ加工、、という自分の車にあわせた取付が魅力でもあり、それを頼もうとするとそれなりの経験値やスキル、そして工具などが必要になってきますのでどこのお店でも・・・というわけにはいかなくなります。


151216-009.jpg



当店ホームページのアウターバッフルのパッケージはVer.1で2日、Ver.2で3日の作業時間を要します。

もちろんアウターバッフルはインナーバッフルをしっかりと作り上げてからの施工となりますので表のパネル以外の見えない部分にたくさんの拘りが詰まっています。この辺が雑誌などを見様見真似で作ってもいい音にならない秘密です。



151216-003leacy.jpg

これはレガシーにVer.1の施工。



151216-008.jpg

こちらはエスカレードにVer.2の施工で、グリルをオプションで施工しました。





さらに、、パッケージにはこだわらず、音やデザイン性にこだわった施工をご相談いただければいろいろなカスタムが可能です。



151216-007.jpg

これはCX-5



151216-004move.jpg

ムーヴ



151216-006.jpg


プリウスα



151216-005.jpg

プリウス


施工例はまだまだ豊富にありますので、あなたのお車も世界で一台のカスタムをしてみませんか?


音・イメージ・こだわり、ご要望を最大限考慮して施工しますのでぜひご相談ください。
posted by ANG at 18:43| 福岡 ☁| インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

【ムーヴにこだわりのドアスピーカーインストール!】

今日は3連休中日。


福岡市内ではソフトバンクホークスのパレードをやってるそうです。


うちのBossもきっと行きたかったことでしょうけど、今日は納車や預りもバタバタとしていますのでお店で張り切って仕事してます。


明日は当店はお休みを頂きますが、僕は栃木の方へインターショーというイベントのジャッジで出張となります。

お天気が微妙なので雨がふらなければいいなと思ってます。。




さて、今日はムーヴを納車させていただきました。



151122-010.jpg

オーナー様お待たせしました。


スペースを活用しつつ、音に拘ったシステムです。


まずは、ここ最近のムーヴ・タントはドアの真ん中よりちょっと上にスピーカーがついていて、パワーウインドウとの奥行きの関係で大きなスピーカーは加工なしには施工できません。

また、インナーバッフルをいれて17cmをつけられなくはないですが、純正のグリル側の音抜けの悪さから、音が詰まってしまったり、空気の通りが阻害されて耳障りなビビリ音が出てしまうことが良くあります。


今回は音に拘った好きなスピーカーをチョイスしてもらうためにアウターバッフルの加工を行いました。



151122-002.jpg


もともとは写真左上あたりのメッシュ部分が純正スピーカー位置です。下部はポケットでしたがここを加工してスピーカーを取付ました。アクリルを光らせて当店のロゴも加工しています。


純正位置でアウター加工という方法もありますが、その場合はダッシュボードから出てくるドリンクホルダーの干渉があり、やはりスピーカーの奥行きが制限されることになります。


今回はあえてシャープなデザインのバッフルにしていますが、ワンオフ製作ですのでイメージに合わせた施工が可能です。

今回、


151122-011.jpg


お車の各所をカーボン調でカスタムしてあったので


151122-001.jpg

スピーカー周りのレザーをカーボン調にアレンジしました。



151122-004.jpg

151122-005.jpg


スピーカーはダイアトーンのDS−G500、16万円。ツィーターはAMピラーに埋め込み。



151122-006.jpg

ナビは人気のダイアトーンのサウンドナビ100プレミ。





トランクも加工して


151122-008.jpg

ウーハーを埋め込みました。ダイアトーンのSW−G50。



151122-009.jpg

フタをしてしまえばウーハーはあることに気づきません。もちろん上に物をのせることができます。



アンプはデッドスペース、シート下を使って


151122-003.jpg


JL AUDIOの6チャンネルアンプ。フロント2WAYマルチ、サブウーハーというシステムですね。


とても開放的で、ブリリアント。スピード感があり一体感がある、そんな感じに仕上がりました。

G500、SW−G50ともエージングで雰囲気がぐっと変わるスピーカーですのでこれから先がまたさらに楽しみですね。


今回もシステムアップ、ありがとうございました。



さて、今日はこのへんで。
posted by ANG at 15:45| 福岡 ☁| インストール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
耳に残るあの曲。いますぐiTunesでダウンロードしよう。